2012年6月17日日曜日

全然乾いてない二百名山NO.40『乾徳山(けんとくさん)』2031m


「雨の中で富士山なんて望めるわけ無いだろ!」シリーズ第2弾。
天気予報では、朝のうちの雨も次第にあがり・・・と言っていたので期待を込めて、前夜の宿三富温泉を早朝に出発。
三富小学校裏の道を進み、太平荘と太平牧場が朝靄の中出現。それをさらに進むと、なぜだかベンチのある駐車スペースが出てくる。

横浜ナンバーの軽トラックが一台停まっていて、今日は登山中に誰かに出会えるかとちょっと安心する。というのも前日のこのシリーズの山『御正体山』では全く誰にも会わず、二百名山の過剰気味な「通」ぶりを肌寒く感じていた。(野球のオリックスの試合を人のいない外野席で見ているような感じ)

7:15出発。今日は標高差600mくらい。
この山は、登山口からいきなり鬱そうとした森でそれだけでもちょっとホッとする。
森を抜けて広々とした原っぱに出るとそこにある月光岩。



その後ろに広がる、扇平。
本来はそのバックに乾徳山の姿が見えるはずだがそれも雨で見えない。


扇平からまた森に潜り込み、足下に岩が多くなってくる。
ひときは大きな岩、その名も「剃刀岩」岩の割れ目から差し込む光が剃刀を思わせる。

だんだん回りの岩が大きくなり、つるつる滑る岩場の鎖場とはしご場をいくつかこえ、雨風を受けながら頂上へ。
登山口から約2時間。誰もいない通の山の雰囲気。
下りは登山道に平行して駆け抜ける鹿がしばし立ち止まりこちらの様子をうかがうシーンがあったり、雨がやみ、時折日差しが射してくる頃になると、どこからかヒグラシの鳴き声が聞こえてきた。


0 件のコメント: