2012年12月19日水曜日

チェンマイの休日

これからますます寒さは増してくるだろうというこの季節に、
暖かなタイへ出かけるのはちょっと申し訳ない気もしたが、チェンマイの町には念願のリベンジの意味もありフラリと出かけてきた。

確か24年前、このタイ北部の町に滞在する機会があったが、
なんと!その時は「あ~ら、いらっしゃ~い!」という感じでしっかり水の歓迎を受けて、
丸二日、上からも下からも洪水状態で、ホテルの部屋でのたうち回り、トイレとベッドの往復が面倒なので、枕をトイレに持ち込んだほど壮絶な記憶がある。
そんな感じの滞在だったので、全く町の様子もわからず、今回ガイドブックで町の地図を見て、
「えっ?城壁とお堀に囲まれた町なの?全然知らなかった」とビックリしてしまったほど。

成田発の便でバンコクで乗り換えし、チェンマイ空港に到着したのが夕方で、
いかにも地方の町という感じが、空港出口の夕闇にも漂ってくる感じ、
タクシー会社のカウンターでタクシーを申し込んだが、順番から言っていつ来るのかわからないようなのんびりさ。
とその時、たまたま宿泊予定のホテルのワゴン車が目の前に現れた。
送迎車で宿泊客を空港に送ってきていたもので、このさい先の良さに「この旅はなんだか良い旅になりそうだ」とうっすら微笑んでしまった。

城壁で囲まれた旧市街のちょっと外側に位置する場所に多少古さは感じるものの煉瓦作りの涼しげなホテルが滞在先。
ちょっと「ぎょ!」と思ったのがベッドやバスルームにある壁の絵。
この後で気がついたのだが、ホテルは怪しげなネオンのバーや、本当にマッサージだけ?と思わせるようなマッサージ屋さんが軒を連ねる地帯にあり、この絵も環境を考えると何となくわからないでもない。


とりあえず初日はホテルから徒歩10分くらいで着いてしまったナイトバザールの通りをひとしきり歩き、怪しいバーにたむろするヨーロッパ系のおじさん連中の騒ぎまくる姿や、ムエタイの小さなスタジアムの客引きの声、シルクとコットンの色鮮やかな生地がそこら中に並べられた屋台の店、喧噪と町の雰囲気を体にしみこませ、おとなしく壁の絵に見守られて、ゆっくり寝ることにする。

二日目の朝、日曜日だと言うこともあり、昨夜のネオンと騒ぎが全くの別世界の思えるほど静か。

熱戦の繰り広げられたムエタイのリング

ナイトバザール定番の屋台の店はこんな風に片付けられ、道ばたにずらりと並んでいる

ネコも朝の日差しに気持ちよさそう

この町では交通の一番の手段は三輪バイクタクシーの「テュクテュク」(トウクトウクと表記してあるが、こんな風に聞こえる)
朝から派手な衣装でこれからイベントにでも出かけるのか、テュクテュクに乗り込もうとしている女性。ミス何とか、のたすきがけ。
ちなみにテュクテュクは乗ってみたらこんな風な風景になる


ナイトバザールの通りを抜けて「アイロンブリッジ」というピン川を渡る殺風景な橋が見えてくる

日差しがだんだんきつくなり、日陰を求めて小さな道を抜けていくと、小さな市場と商店街に出会う。
お寺へのお供え物だろうか、大きな線香と並んで売っている。

これはなかなか考えたな、バケツに穴を開けて素焼きの生地を塗り込んだ簡単なコンロ

そして、鉄板の廃材を利用したねずみ取り器

そろそろ、ちょっとおしゃれなショップやギャラリーのある通り「チャルーンラート通り」なのだが、
道行く車の巻き上げる埃のせいかどこが店だかよくわからない。
有名なタイシルクの店も表からはこんなすすけた感じ。
中に入ると、どこの店も陳列された商品の向こうに日本建築の町屋を思い起こさせるような庭がある。
 
 

中にはこんな色彩のモニュメントを置いた店もあり
 
 
お菓子を缶ごと売っている店もあり、色鮮やかなウエハース菓子などにそそられる

 
歩き疲れたので日陰のレストランでシンハービールと「カオ・ソーイ」
ココナッツ入りカレースープのラーメンの中に鶏のもも肉一つ、その上に揚げた麺がのっている。

ほどよく酔いが回ってきたところで、ホテルに戻り昼寝。
夕暮れが近づいてきた頃に今度は城壁の内側の「サンデーマーケット通り」に向かう。

城壁の門を抜けると、まだあちこちに古い建物が残っていて


屋台の並ぶサンデーマーケット通りに出て、いきなり目に飛び込んできた「かねもち」なる色鮮やかな餅の饅頭

ウズラの卵焼き屋さん。食べ物屋ではすこぶるこの卵焼き屋が多い。
旨そうではあり、子供の頃近所のお好み屋でよく食べたな、などと思ったが、
どんな油を使っているかわからないのでパスする。

お寺もそこここにあり、これは「ワット・パンオン」だったかな?なにしろ金ぴかの仏陀のよくあるシーン。

通りの牛のモニュメント。なんだか色んな店の売り出しの札がぶら下げられている

ちょっと大きめのお寺「ワット・パンタオ」
仏陀も静かに鎮座している
 
続いて、ガイドブックにもしっかり載っている「ワット・チェディールアン」
金ピカピカの中、ちょうど若い修行僧たちがお祈りの時間
 
 
さて、マーケットに戻ると、これまたカラフルな豚まんだか肉まんだかの蒸しまんじゅう屋

そして、これまた色とりどりすぎて着色料の原料が気になるキャンディー屋
広場では人形を操る人
座り込んで演奏を始める盲目の楽隊

観客席も人がいっぱいで、仰々しいセレモニーの後、鍛えられた筋肉の選手たちの気合いが入って、さて何のスポーツが始まるのかと待っていると、それが何だかよくわからない・・・、
道具もボールも使わない陣取りゲームのようなもので盛り上がっていた。
なにしろ、夜が更けてくると通りにも広場にも人がわんさか出てきて、
まだまだこの町の夜は続いていくみたいだが、
私は歩き疲れた足をほぐしてもらいにマッサージ屋に向かう。

0 件のコメント: