2010年6月21日月曜日

ドイツ・オーストリア紀行 その1 やっぱりビールから

6月8日にフランクフルトに降り立ち、レンタカーでマンハイム~フライブルグ~デュッセルドルフ~ミュンヘンと移動して、9~11日の間仕事をこなし、さて一息ついて「やっぱりビールだな」
毎回、ドイツへ来ると、ここのビールを飲むためにかつて住んでいたミュンヘンに行く。
 ミュンヘンの中心街、観光客で賑わうマリエンプラッツからちょっと歩いて、屋外にテーブルが並べられてなければ通り過ぎてしまいそうな古い建物が「Schneider Weiss(シュナイダーヴァイス)」というビール会社直営のビアホール。ミュンヘンには市内だけで9社のビール会社があると聞いたことがあるが、その中でも一番小さなメーカーかもしれない。歩いて5分と掛からない場所にあるアメリカ人と日本人観光客でごった返すホッフブロイハウスから比べると規模は10分の1くらい。
 ドイツへ着いてから毎日が快晴で「あなたたちがあたたかさを連れてきた」と何度も言われたくらい、その前の週の一桁台の気温から一変したようで、街中のビアホールやレストランは屋外にテーブルを出して当然昼間っからビールが飲まれる。
 そんな中、当然という感じで屋外の日よけのあるテーブルに座ると、ウエイトレスのおばちゃんが、「日本語のメニュ-あるよ」と持ってきた。「心と体を満たす食空間」という翻訳は非常に良くできていて、この店やミュンヘンの街をよく知ってる人が翻訳したのだと、開いてみると、中の料理の名前の翻訳やこの店の歴史を紹介したページなどは感心してしまった。
 そんなことより、とりあえずビール!しかもバイエルンでは当然「ヴァイスビア」
うまい酒はその原料の味がしっかりすると言う、その典型みたいな美味しいビール。
ちなみにこの日のミュンヘンの気温は28℃、前日居たフライブルグ周辺は30℃だった。
 街中にビールを飲むためにテーブルが出されると大道芸人や床に絵を描く絵描きが出没する。
この日は市の中心部にある王宮の祭りでもあり、協賛するビール会社の樽を馬で運ぶ姿も見られた。

0 件のコメント: