2010年7月1日木曜日

ドイツ・オーストリア紀行 その4 雨模様の狭間に

6月14日 チロル地方の山々を巡回して、ヨーロッパアルプスの果てしない山々の風景を、頂上から見たいと思って出掛けてきたものの、ほとんど毎日雨模様。ついでに、スキーシーズンはやんやの賑わいを見せるこの地方も、この季節、一息ついて夏の避暑客を迎える準備の時期。一気に登ろうと思っていたロープーウエイが「整備中のためお休み」とか、「この時期は人が少ないから次の出発は1時間後」とか・・・・
 Zell am See(ツエルアムゼー)という小さな湖の畔のリゾートタウンから、まずは足慣らしと標高3200mのKitzsteinhorn(キッツシュタインホルン)に向かうが、ロープーウエイが「営業は来週からでっせ!」との表示。仕方ないので、その山の中腹ちょっと上まで行くリフトで、行けるところまで行くとするかと登り出す。

途中の山小屋もまだオープン前で、人の気配もなく冷たい雨が時折降る中、標高1800m付近で突然大きな顔が目の前に現れびっくり!!かすかに四方からカウベルの音が聞こえるなと思っていたが、こんな山の上まで登って来て、「登山道?なんのこっちゃ?ここは平たくて横になるにはちょうどやがな」という感じで、道を塞いでいるが、人間の姿を見ても知らん顔。

まあ、こっちものんびり行くとするか・・・・と、麓のスーパーで買ってきた「SUSHI」(しっかりわさびと生姜付き)とサンドイッチを地元のビール「Edelweiss(エーデルヴァイス)」で雲の切れ目に見える麓の町を眺めながら食することにする

0 件のコメント: