2011年9月12日月曜日

お風呂を一つ 渋御殿湯

 今回はじっくりとお湯にでも浸かっていただきましょう。

 以前から泊まってみたいと思っていた温泉の一つ『渋御殿湯』

 随分前に、冬場のクロスカントリースキーを担いで北八ヶ岳の雪原に出かけた時、
一汗かいてお風呂に入ろうと立ち寄ったのがこの温泉で、真冬の寒さの中、源泉水風呂が妙に暖かく感じたのをおぼえている。

 そんなその名の通り渋~い温泉、玄関には「天下の霊場・・」などとちょっと大げさな看板

 問題のお風呂はこんな感じで、ちょっと熱めの浴槽と天然の泡が絶えずお尻の下からわき上がってくるぬるい浴槽、そして、霊泉の水の流れの勢いがある浴槽の三つ。

 中でも私が気に入ったのがぶくぶく泡を出している「渋長寿湯」

 流行の温泉センターのとってつけたようなブクブク泡ではない優しい泡が次々と体に当たってくる。
極楽極楽・・・・

0 件のコメント: