2012年2月20日月曜日

ヨーロッパの冬景色 BMWとベンツ


 特に車が好きなわけでもないので、それほど興味はないが、今回ドイツに行き、たまたまBMWとメルセデスベンツの拠点を訪れることになったので報告ついでに・・・・

まずはBMW
本拠地はバイエルン州の州都ミュンヘン。
なんといっても社名がそのもので「Bayerische Motoren Werke AG」バイエルン発動機製造株式会社とものの本には翻訳として書いてあるが、ドイツ人のネーミングらしい社名。

 
 
オリンピックがこのミュンヘンの地であったのは1972年、日本では男子バレーボールの「ミュンヘンへの道」なんていう番組がテレビで放映され、その男子バレーは見事金メダル獲得。
水泳ではマーク・スピッツなんていう、犬かきでそこまで早く泳げるのか?と思うような選手も活躍した大会だが、そのオリンピックスタジアムのあるオリンピックパークのすぐ横にBMWの本社とその博物館、そしてイベントができるような大きな施設「BMW WELT」(BMWワールド)がある。
地下鉄の駅を地上に上ると突然どでかい建物が現れる。

 

 ステージに上り表彰されたというのはこれまでの人生の中でほとんど記憶にないが、その晴れの舞台に招待され、スポットライトの中、記念のトロフィーをいただいた。(詳しくはうちの会社のホームページでご覧ください)ちょっとだけ写真入れておきますが・・・・


 ミュンヘンおよびバイエルンは若かりし頃2年ほど住んでいた場所で、ドイツに来たら必ず寄ってうまいビールと白ソーセージをいただく。
 初めてミュンヘンに来たとき、このオリンピックパークの中にミュンヘンオリンピックの金メダリストの名前のプレートがずらりと並んでいる階段状のモニュメントに立ち寄り、大学の先輩の名前を見つけていたく感動したことを覚えている。
 その当時から円筒形をくっつけて建ててあるような独特の建物に、バイエルンの旗のブルーとホワイトのコンビネーションのBMWのマークがついていることは知っていたのだが、興味がないとは恐ろしいもので、一度として足を踏み入れたことはなかった。
 ちなみにその横にあるお椀みたいな形がBMW博物館でここで受賞製品の展示。
もう一つの写真のマジンガーZのスフィンクスみたいなのが「BMW WELT」で授賞セレモニーが行われた。

 

 さて、今度はメルセデスベンツ。
こちらの本拠地はバーデン・ビュルテンブルグ州の州都シュツットガルト。
 

 シュツットガルトといえば!そう、サッカーの全日本代表岡崎慎二の所属するサッカーチーム。
そのチームの試合を見たさにこの町に滞在する。
観戦のために必要だと大きな毛布を3枚も抱えてきてくれたうちの取引先の担当者は
「こんな寒い日に試合見に来るやつは狂ってるとうちの社長は言ってました」と笑って会場の
『メルセデスベンツアリーナ』に向かう。

 5万人以上の収容だと聞いていたが、やはり寒さのせいか公式発表の入場者数は45000人。
それでもすごいよね。対戦チームのベルリンの応援席の約2000人以外は当然シュツットガルトの応援。
 寒さの中、陽の当たるサイドの席はちょっとラッキーだったが、それでも気温は-8℃。
スタジアムでは人々はこれを片手に観戦するというグリューワイン(ホットワイン)は前半終了前に売り切れ。凍ってしまうのではないかと思うようなビールを片手に観戦。
 


 最高の試合でしたね。5:0での勝利。岡崎も1点決めて、その上この試合がドイツでの初出場という酒井もその日のスポーツ新聞では「今日のベストイレブン」に選ばれていた。頼もしい限りだ。



ゴールの瞬間巨大スクリーンには岡崎の顔が映し出され、45000-2000人が「オカザキ~!」と大合唱。




 
 興奮し、その夜は地元のテレビのゴールシーンを次々探し、感動を反芻していたが、その日はドルトムントの香川も決勝点を入れ、日本人としてはこんなにうれしいことはなかった。

 
 
 

 次の日はサッカーがあまり好きではないドイツ人の社長と彼の奥さんにつれられて、サッカーをやったアリーナのすぐ横にある『メルセデスベンツ博物館』に出かける。
反対に私は車に興味がないので7階建てのこの建物スペースに途中で飽きてしまった。
さわりだけでもいくつか写真を・・・・


0 件のコメント: