2012年7月25日水曜日

そうとは知らずに「しらす街道」

日本一高い瓦礫の山を途中でリタイアし、落胆とふがいなさで一杯の中、
「魚介類は何でもうまいです!」という今回富士山登山をアテンドしていただいた方から聞いていたので、どこぞで旨いものでも食べて気分転換しようと、沼津の町を抜けて海岸線の旧東海道に車を走らせる。
街道が現在の国道1号線に合流するあたり、住所は富士市になっていて、突然道路標識に「しらす街道」と出てきて、思わず田子の浦漁港方面に左折すると、今度は「しらす丼」の幟と「田子の浦漁港食堂」という何ともそそられる看板が出現。ためらうことなく車を港へりの駐車場に入れる。

ありましたがな、田子の浦漁港食堂。
ようするに漁港の船上げされた魚介類を捌いたり保管する建物の一部に、
机と椅子を並べたポートサイドオープンエアーレストランと言ったところか。

さっそく、「ぷりぷり生しらす丼~富士山盛り」800円也を注文する。
出てきました、そういえばあの瓦礫の山のようなしらすの山。
なんでも本日は漁が休みの日なので、丼に乗ったしらすの半分ほどは「釜揚げしらす」とのことで、
雪の残った富士山だと思えばいいのかと感じる。
味の方はというと、春には能登でピチピチはねる「いさざ」を食する我らの感覚としては、決して生き生きとは感じられない食感だが、醤油をぶっかけてこれだけの量があれば十分満足。

港に浮かぶ漁船を眺めながら、そよそよとした海風に吹かれて、なかなかのランチタイムだった。

0 件のコメント: