2014年10月5日日曜日

ハノイにて

 久しぶりのブログだが、書き方も忘れている(笑)

 今日は今回ハノイに来て3日目の日曜日、金曜日の夜にラオスのビエンチャンからハノイ入りしたので、この町で初めて週末を過ごすことになった。
 もうすでに20回くらいこの町に来ているが、はじめの何回かのうちで、いわゆる観光名所なるものは現地の取引先が連れて行ってくれ、どこも社交辞令しか言葉に出てこない、私にしてみれば、どうでもいいような場所ばかり。ガイドブックを開いてもさして行きたいところもない。

 ベトナムの首都であり、それなりの都会なのだが、便利さになれてしまった日本人にとって、近所にコンビニがないことにこれほど困る町はない。町のあちこちに食堂やカフェらしき店の前の歩道上で、子供用の物としか見えないプラスチック製の背の低いイスに座って、お茶を飲んだり麺をすすっている人々の姿をよく見かけるが、その横にはだいたいこれまた子供用のいすに座ってジュースやビール類を、サンプルみたいに並べて売っているおばちゃんやおじさんがいるが、炎天下に晒されてほどよいぬる燗状態になった物はなかなか手が出ない。 
 缶ビール一日分数缶とちょっとしたおつまみ、それに小腹が空いたときの3個入りいなり寿司、くらいしか日本にいてもコンビニに入る目的はないのだが、それが出来ないのがすこぶるつらい。
しかたなく、散歩と称して冷えたビールを探しに行く。

 私がだいたい滞在するのは、観光客とバックパッカーでごった返しているホアンキム湖の南、毎朝の散歩をする公園を探しているうちに見つけた、大きな池のある「統一公園」近くのハイバーチュン地区にあるホテル。公園に近いと言うだけで選んだつもりが、上海の中山公園、バンコクのルンピニー公園になんとなく似ていて、なぜか近くに最近日本人が増えてきたのも妙に似ているようだ。
 そのハイバーチュン地区からひたすら北に行けば、冷えたビールも見つかるだろうと歩き出し、とりあえず大教会なる建物まで来る。日に何度か鐘が鳴るようだが聞いたことが無く、そもそも教会  
とはもっと公共性があり誰も入って良いはずだが、柵がしてあり入れないし、入場料を取ってみせる節もない、あるだけ、のつまらない建物。
 
その忘れ去られた遺跡みたいな建物の回りに、短パンとタンクトップ姿のヨーロッパ系の観光客が一気に増えてきて、みんな地図を片手にうろうろしている。
地域的にはホアンキム湖に近く、土産物屋がわんさか軒を並べているもののビールとかっぱえびせんが買えそうな店はない。
程なくして地図上で言う旧市街に入り、繊維街、建具街、仏具店街などの筋を次から次に歩いているうちに玩具街に入り込み、すごく懐かしい物に出会う。
 

昔の日本でもどこの家にも出産グッズの中に入っていたんじゃないかと思われる起き上がり人形。倒して振るとカラカラ音がするやつだ。この国では玩具店の一番見えるショウケースに入っている。
 
それだけ需要があるということだろう。

 しばらく行くと楽器屋街、楽器と行っても太鼓や笛など催事や祭りに使うような物ばかりで、
銅鑼の専門店などもある。

だんだん、このあたりで道がわからなくなって、いわゆる迷子状態。方向磁石を持ってくるべきだと思ったが、まあ、どうにかなるさと、歩き続けて、着ているポロシャツが汗で塩を噴いている。
缶ビールを買うより早く飲みたくなってくる。

  そうそう、ベトナムと言えば、女性は道行く人全てアオザイに包まれて、その曲線美にうっとりする、なんてことは全くない。例えば日本で和服姿の人が新宿西口にわんさかたむろしている、ということがないように、ベトナムでもアオザイの女性はローカルの高級レストランの店員か、祭りの時に見るくらいのもの。
こんな派手なアオザイを着るのは、日本で言えば銀座のクラブのママさんくらいなものかな。
私はこれまでこんな服を着た現物の女性は見たことがない。

と思いきや、いましたいました!
結婚式のパーティーだろうか、レストランを借り切り、歩道は完全に、車道もその幅の3分の1は選挙して派手にやっていたが、誰が新郎でどこに新婦がいるのか、着ているアオザイが派手すぎてわからない。赤いのが新婦だろうな。

しばらく行くと、竹専門店。竹に埋もれている店員がパンダに見えてしまった。
歩きに歩いて4時間あまり、ヘトヘトになり、足の裏にまめが出来ている感覚があり、
ホアンキム湖の風景でも眺めながら湖畔のカフェでとりあえずビール。
う~、うまい!
あれ?それにしても週末とはいえ、この静けさは何?
土石流のように流れてくるバイクも車のクラクションも聞こえなくて、カフェに流れる懐かしの70年代ロックが湖からの風に乗ってきて、道路は通行止めで歩行者天国状態、通っているのは人だけ・・・何これ?

池の横にある観光名所「玉山祠」に渡る橋に並んで大きなデコレーションがあり、
10.10.1954-10.10.2014の文字。
そう言えば、町のあちこちに祭りの飾りが付けられていたし、妙に国旗の数が多いと思い調べてみると、10月10日はハノイ解放記念日だとのこと。それも今年は60周年。

何だか向こうから銅鑼と太鼓の音が響いてきて、そちらへ向かうと、こんな団体が次から次へと出てくる。看板には「National Doragon Festival 2014」とあった。


「国民ドラゴン祭り」?
横浜や神戸の中華街の祭りで見るあの竜を操る団体舞踏のことのようで、それの全国大会と言うことなのだろう。日本で言えば全国獅子舞大会みたいなものかな。
さっき楽器屋で見た銅鑼や大きな太鼓などの鳴り物がしっかりそろえられている。
町一番の観光地の道路を通行止めにするくらいだから、浅草雷門前の通りを通行止めにして、全国獅子舞大会を催す、それに近いものかも。

それが、全国からトラックに乗ってやってきているようで、それぞれお揃いのユニフォームというか衣装を着ているのだが、孫悟空の集団が次々出現して、如意棒で竜の体をくねくねときれいに波打たせている、そんな風にも見える。
その孫悟空も人材不足のためか若い男子だけではなく、ご老体もいれば女性もいて、この暑さの中ちょっとつらそうなおじさんもいたりして。
おかしかったのは、それぞれのチームでそれぞれの孫悟空衣装を揃いで着ているのだが、
履いている靴・シューズはみんなバラバラで、手作り感が伝わってきたりする。

結局、この後ホテル近くの日本料理居酒屋で、牛すじ煮込みをつつきながら生ビールを飲んだ。

0 件のコメント: