2012年6月4日月曜日

この木、何の木、気になる木

ホームセンターに買い物に行くと、つい気になるのが植木、苗木のコーナーで、何だか半分しおれて「もってけ泥棒!」様態でワゴンセールに押し込まれている小さなふにゃふにゃした黒いポットに植えられている植物たち。
つい「がんばれよ!」とつぶやきながら、ポケットの小銭をまさぐり買ってしまう。

そんな中にコーヒーの苗木があった。
この北国でコーヒー?熱帯の植物じゃないのか?
なんて無茶な商売をするんだ!と怒りながら買った二鉢を大きめの鉢に植え替えたのが、3年くらい前の話。
どちらも順調に成長し、片方は30cm位の背になりそれなりに葉も茂ってきていたのに、残念ながら冬を越せずにこの世を去ってしまったが、もう一つの方は会社の事務所で、もしかしたら人の多い場所にあったのが幸いしたのか、何が良かったのかぐんぐん成長して、何回か鉢を大きくして植え替えて、ホームセンターに売っているものでは最大級の鉢に収まっても窮屈なほどに大きくなって、なんと!びっくり花が咲いた。

日々世話をしている担当の社員の愛情とみんながいつも近くで話しかけていたせいかもしれない。



はじめて見たコーヒーの花。なかなか華麗な姿をしている。
早く実が付いてローストしてみたいものだと今からわくわくしている。


0 件のコメント: